読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つまみぐい人生100

薄味から濃い味まで。

クリスマスに出会い喫茶に行った①〈システム紹介〉

やってみた クリスマス 婚活

 

 

12月24日。クリスマスイブ。

浮かれた街を余所目に、アラサー女の私は一人新宿にいた。

 

スケジュールを何度もシミュレーションし、(過去記事)

何かに立ち向かうような心持ちで

まずはこの場所に向かった。

 

出会い喫茶だ。

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20170110050827j:plain

 

出会い喫茶のシステム

ここで初心者のためにシステムを紹介しよう。

女性目線のレビューは少ないので

気になっている人はぜひ参考にしていただきたい。

 

 

①登録

 

受付を済ませたら、はじめに会員登録のためプロフィールなどを記入する。

身分証を提示しなくてはいけないので個人情報はごまかすことはできない。

干支の欄があるのが水商売っぽい。

ただ、登録とは別に男性閲覧用のプロフィールがあるので

そこで偽名を使うことは可能。

写真も撮影し、男性閲覧用に使用される。

登録料などの料金は一切かからない。

 

f:id:tsumami_gui:20170110052544j:plain

 

 

②待機

 

女性ルームの中は雑誌・テレビ・漫画、お菓子や飲み物などがそろっていた。

場所は全然違うが、献血ルームの休憩スペースと同じラインナップだ。

一辺がマジックミラーになっており、

男性ルームからこちらの様子が見えるようになっている。

f:id:tsumami_gui:20170110052721j:plain

 

 

 

 めちゃくちゃ怪しい水があった。味は普通だった。

f:id:tsumami_gui:20170110052723j:plain

 

 注意書き「カラオケ店で何かあったときのためにインターフォンの場所を確認しておきましょう」「隠し撮りのレンズがないか確認しましょう」などポップなタッチとは裏腹に、これから訪れる危険さを事細かに物語っている

f:id:tsumami_gui:20170110052725j:plain

 

 

③トーク

 

男性から指名が入るとスタッフから呼ばれる。

待合室から移動し、男性のプロフィール用紙とストップウォッチを渡され

トークルームに入ると、その男性が座って待機している状態である。

 プロフィール用紙で男性が何を望んでいるのか少しわかるようになっている。

f:id:tsumami_gui:20170110054152j:plain

↑下記「 当店は会員様同士の純粋な出会いを提供させていただく場」らしい

 

ソファ席はとても狭い。

f:id:tsumami_gui:20170110052531j:plain

一人当たりトーク時間は10分間となっており、ストップウォッチで計る。

ここであらゆる交渉をしていき、交渉が成立すると退店となる。

 

ちなみに何人かに指名を受けた場合、

全員と話をしたあと比較してから男性を選ぶということはできない。

女性から指名をすることはNGなのだ。

 

交渉成立しなかった場合は、女性ルームに戻ることになる。

 

 

④退店

 

交渉が成立したら、その旨をスタッフに伝え、再度女性ルームで待機。

数分でスタッフに呼ばれ、男性は店舗が入ったこのビルの下で待っているという。

二人で退店して怪しまれないように配慮されたシステムだ。

ビル下で男性と合流し、その後の行動は二人に任せられている。

 

 

 そんな出会い喫茶に行った体験談はこちら