つまみぐい人生100

ドン引き覚悟のネタを中心にご提供

人生初テレクラ。クリスマスの夜、サンタの格好で出会えるか?

「赤い服」

 

 

面識のない人と待ち合わせをするとき、服装など見た目の特徴を伝えることはよくあることだ。

 

 

「赤い服を着てます」

 

そう言われて、待ち合わせ場所についたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231941j:plain

  

相手がサンタクロースの格好をしていたら、あなたならどうするだろうか。

 

 

 

 

町から消えるモノ


時代とともに、街からいろんなものがなくなっていく。
公衆電話、駄菓子屋、駅の伝言板、屋上デパート……。

 

 


私が、気になっている時代とともに消えゆくモノ。

 

 

 それはーー

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231946j:plain

 



テレクラ。

 

 

 

 


テレクラとは何か?


テレフォンクラブの略で、電話を介して女性との出会いを斡旋する店のこと。

来店した男性と、店にかけてくる女性の電話を繋ぎ、出会いの場を提供している。

 

 


テレクラが生まれたのは1980年後半。1990年代には全国各地に広がった、らしい。 

 

 

 

私は1990年生まれなので、テレクラが流行ったときのことは知らない。

でも、上京した2008年に、池袋の交差点で見かけた「テレクラ」の看板が忘れられない。周りの景観を一切無視して、ギラギラビカビカと自己主張していて、東京はスゴイと圧倒された記憶の一つである。

 

テレクラは、2002年の風営法の規制から衰退期に入っており、ネットでの出会いが当たり前となった今、絶滅寸前にある。「どこどこのテレクラが閉店したらしい」と情報を知るたびに、なぜか無性に惜しむ自分がいた。そしていつしか、なくなってしまう前に一度利用してみたいと思うようになった。

 

某グループが関東で残り2店舗だとホームページで知ったとき、焦った。絶滅はもう目前だ。

 

 

テレクラを使おう。

 


私は、とっておきの日をクリスマスイブに設定した。

 

 

 

 

当日

 

 

コロナ禍で躊躇する気持ちを、一応不要不急ではないと振り切って当日迎えた。

街中は、例年のクリスマスムードに比べると日常に近かった。

 


前日には、ホームページの案内通り、会員登録のため身分証をメールで送った。

しかし、返信はない。どうなってんだ?

 

会員登録ができているのか不明のまま、店舗のある池袋駅西口に向かった。

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117232812j:plain


テレクラは駅すぐの路地にあった。路地にあるくせに、看板はデカい。デカすぎて画角に収まらない。路地に身を潜めているようで、これでもかと存在を誇示するアンバランスさが可笑しい。

 

入店してみたいところだが、私は女性なので入れない。店内にはネットカフェのような個室に電話機が設置されているそうだ。

 

これからココに電話をかける。

 

実物を確認し、付近のネットカフェに移動。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231906j:plain

 

ネカフェを拠点にして電話をかけ、交渉が成立したら、付近で落ちあうことにする。

 

 

 

部屋でドリンクを飲み、一息。

 

さて、すべての準備が整った。整ってしまった。

 

自分で決めたことなのに、ビビっていた。

 

時刻は19時になろうとしている。うだうだしているとクリスマスイブが終わってしまう。


交渉は、まず会って食事がしたいということ。それ以上のことは、会って考える。これは建前ではなく、家で着替えるときに一応下着の上下を揃えるよう意識してきたし。

 

 

 

電話をかける

 


テレクラの電話番号をスマホ入力。発信ボタンを押す。

 


プルルルル……プルルルル……

 


意外と出ない?

 


ガチャ

 

 

「もしもし、ありがとうございます」

 

 

繋がった!

 

 

「ごめんなさい、いま一人しかいなくてお話中になってます」

 

 

中年の男が滑らかに案内する。

 

 

「お話中……」

 

 

「ごめんさいねー」

 


ブチッ。ツーツーツー。

 


え、終わっちゃった……。

誰もいないって、やっぱりテレクラって使われてないんだ……。

 

 

緊張が解かれ少しぼーっとした。

 

 

まずは、スタッフにつながるのか。てか、会員登録のこと、なにも言われなかったな。

 

 

サービスの案内は一切ない。スピーディーすぎる応対に、テレクラがほぼ同じ人しか利用していないことを察した。

 

 

 

 

 


15分後、もう一度かけてみたが、同じ状況で一人のみ。

 

「何時くらいが人多いんですか?」

「お昼が多いんですよ。この時間は今週の様子だと少ないです」

 

出会い=夜という発想は安易だったと反省。

のちに知ったのだが、テレクラを利用する女性は主婦が多いらしい。

明日のクリスマスも空けてあるから、延長戦も見越しておくか……。

 

 

3度目のコール

 

さらに10分後。3度目のチャレンジ。

 

 

「もしもし」

 

「はい、希望はありますか?」

 

「希望? どんな希望をいえばいいんですか?」


「年齢の希望ですね」

 

「あー、希望は特にないです」

 

「はい。1番、45歳の方」

 

 

♪〜(保留音)

 

テンポが早すぎてわけわからん。

新規の客に阿吽の呼吸を求めないでくれ。

 

 


「もしもし」

 

「こんにちは」


「こんばんは」


「あ、こんばんはですね。すみません」

 

「今日はどういうお相手を探してますか?」


「今日は、一緒にご飯食べる人探してます」

 

男性は、野太い声をしていた。

 

一問一答形式で「あなたの年齢は?」「いまどこにいるの?」と質問してくる。

淡々とした口調で、イメージされる顔は無表情だ。

 

 

 

 

 

 

「今日ワリキリで会える子探してるんですけど……、ダメですか?」

 

 

 

 

いきなり切なげになるな。

 

 


「ちょっと……会って考えたいですね」

 

やっぱりテレクラってこういう交渉するところだよな。覚悟はしていたぞ。

 

 

 

「あなた彼氏いるの?」


「いないです」

 

「どれくらいいないの?」

 

「1年くらいですね。お兄さんは?」


「2年くらいいないかなー。じゃあ1年くらいいないってことは、1年くらいエッチしてないの?」

 

「そうですね」

 

「えぇ!? そうなの!?」

 

 

 

 


「お兄さんは、テレクラよく使うんですか?」


「まぁたまに使います。使うけど、久しぶりなんですよ」

 

「いろんな方法があるなか、テレクラにするのはなんでなんですか?」

 

「え、風俗とかそういうの? やっぱり素人の女の子の方がいいかなって」

 

「なるほど」


「いろいろ規制がないじゃない?  交渉次第じゃない、要は。お店の女の子だったら何時間とか何分とか決まっている。こういうところで会う女の子なら、交渉次第でなんとかなるじゃない。だからその辺がいいかなーって」


「なるほど。テレクラでいい出会いはありますか?」


「たまーにいます。綺麗な子がいたり」

 

「そうなんですね。年齢はどれくらいですか?」

 

「最近は40代が多いかな。昔は10代もいたけどね。高校生がかけたりとか。あなた、高校生のときかけたことある?」

 

「いや、ないいですねー。私、今日初めてかけたんです」


「今日!?」


「はい」

 

「今!?」

 

「今」

 

「今日初めてなの!?」

 

「はい」


この人、驚いた時だけ、人の血が通っている感じがするな。

 

 

 

「これをきっかけにいいんじゃない? クリスマスだし、全然知らない人としてみるのもいいんじゃないでしょうか?」


「そこまでの気持ちになれるかはわからないですけど」

 

「大丈夫だよ、気持ちの準備なんて、大丈夫大丈夫」

 

「ちょっと今はわからないとしか言えないです」

 

「はは、そう? じゃあしょうがないかなー。じゃあ変わるね」

 

 

♪〜(保留音)

 

やっぱりワリキリとかじゃないと会えないのかな……。

 

 

 

 


「もしもし」


「はい、2番、46歳です」

 

早。どんどんいくじゃん。

 

 

 

 


「こんばんはー」

 

さっきの人より、優しそうな声の持ち主。

 


「こんばんはー、はじめまして」


「おいくつですか」

 

「30歳です」

 

「そうですか、51ですけど大丈夫ですか?」

 

ん?  聞いてた年齢と違うけど、大丈夫ですか……?

 

 

 


「どこにいますか?」


「いま池袋の近くにいます」


「今日の電話は気休めの感じ? なんで?」


「クリスマスなので、一緒にご飯食べられる人いないかなーと思って、はじめてテレクラに電話してみました」


「はじめて?  こういうとこ」


「はい」


「へぇー。今日はごはんのみって感じですかね?」

 

「んー、会って考えます」

 

「いいですよ」

 


きた! 釣竿の先が動いたぞ‼︎

 

 


「どんな感じの人?」


「どんな感じって?」


「身長とか」

 

「162ですね」


「ぽっちゃり型? 痩せ型?」


「普通体型ですかね。お兄さんはどういう感じですか」


「171の70キロくらいです。どういうのが食べたいの?」


「なんでもいいです!」

 

「僕、一時間前くらいに食べたから、あんまり食べられないんですよ。だから喫茶店みたいなところでもよければ」


「全然うれしいです!」

 

「それでもしあれだね。話もあえば、そのあともどうかなって。

 

「そうですね!」

 

「お名前、聞いていい?」


「はい、名前はマイですー」

 

「マイさん。村井(仮名)って言います。よろしくお願いします」

 

 

 


「どんな格好してるの?」


「赤い服着てます」


「コート?」


「そんな感じです」

 

「あとは特徴あるかな?」

 

「髪が首くらいまで」


「染めてるの?」

 

「染めてないです、黒いです。靴は茶色いムートンブーツです。」


「だいたいわかりそうかな」

 

「お兄さんは?」

 

「仕事終わりなんで、黒いコート。下も黒っぽい。ショルダーの黒いカバンです」


「わかりました」

 

 

待ち合わせは、7時50分に東京芸術劇場の噴水前になった。

 

 

「じゃあ声かけるんで待っててください」

 

「ありがとうございます!」

 

電話が切れた。

 

 

 



やったー!交渉成立! 

 

準備にとりかかろう。

 


それにしても、テレクラ、逆に新鮮だな。

 

顔が見えない、声しかわからない。聞かなきゃ何もわからない。

シルエットと声のイメージに質問でわかった情報を付け足していく。

 

登録すれば、ビジュアルから年収までほぼほぼマッチングアプリとは真逆。面白い。

 

 

会いに行く

 

 

用意していた服に着替えて、準備は整った。


テレクラを使うなら、試したいことがあった。

 

 

 

「どんな格好してるの?」


「赤い服着てます」

 

 

 

 

その赤い服というのが

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231831j:plain

 

 

 

サンタクロース。

 

 


テレクラは、服装の特徴を頼りにして落ち合う。このとき、サンタさんの格好をして出会えるのだろうか?という疑問が浮かんでしまったのだ。それもヒゲまでつけたガチ目のサンタで。

 


ネットカフェが入ったビルの全身鏡で自分の姿を確認。うん、いろいろとキツイ。我に返ると気落ちしてしまう。意識的にテンションのギアを上げた。

 


街中に出ると、「サンタさんだー」と子供に指をさされた。ごめんね、私は子供に夢を与えるタイプのサンタさんではなく、ただテレクラのおじさんに会いたいサンタさんなんだ。

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231941j:plain


 

 

広場に着いた。サンタ、めちゃくちゃ目立つ。通り過ぎる人や広場のベンチに腰掛ける人が、奇特な目で一人身のサンタを見ている。

 


会えるかな。村井さん、どこだろう。

 

 

 

ドキドキしながら待つ。


村井さんの特徴は、黒のコートに、肩掛けカバン。ほとんどのビジネスマンに当てはまる。

 

 


期待と不安から、「あれが村井さんかな!?」とだいたいの人が村井さんに見えてくる。

 

 

 


村井さん、会ってくれ……。

 

 

 

 


口周りのふわふわしたヒゲ飾りが煩わしい。帽子がずれ落ちそうになる。寒さで体が丸くなりそうなところを、サンタさんらしくあらねばと、胸を張る。

 

 


祈るような気持ちで待ちながら、時間が過ぎていく。

 

 

 

 

10分、20分と経過……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やっぱり、来ない。そりゃそうだよね……。もう諦めよう。

 


村井さんは、遠目から見たサンタの女にビビってしまったのだろう。無理もない。

 

 

 

私も相当厳しいという自覚はある。だから、村井さんを責めたりしない。

 

 

むしろ、ごめんななさいと言いたい。

背中を丸めてネットカフェに戻った。

 

 

 

4度目のコール

 

ネットカフェに戻ると、精神的に疲れたのか仮眠を取ってしまった。
このまま寝るわけにはいかない。もう一度コール。

 


「いらっしゃいませ、テレクラです」

 

初めて言われた。接客マニュアルゆるゆる。


「ごめんなさい、いま一人しかいなくて会話中です。一応58歳の人いるんでまたよかったら」

 


やっぱり人少ない。時間を空けてまたかけよう。

 

5度目のコール

 

「相手の方が58歳の方だけになっちゃいますけど」


さっきの人かな。まだいるんだ。


「お願いします」


♪〜(保留音)

 

 

「こんばんは」


「こんばんは」

 

明るい声をした優しそうな男性。

 

「おうちかな?」


「まぁそんな感じですね」

 

「静かだもんね。外だとガーガーいってうるさくて。だからよかった」

 

前の人がうるさかったのかな? 声に感情が乗っていて話しやすい。

 


「いくつなの?」

 

「30歳ですー」

 

「30歳! かわいいやん

 

さすがに早計すぎやしないか。

 

 


「俺が58だから、30歳くらいが一番かわいい! な××いよね」(聞き取れない)


「え? なめたい?

 

「なでたい! なめたいじゃないよ!(笑) なでたい!」

 

「あ、なでたい! すみません」

 

自然と笑いが起きた。波長があったのか?

 

 

 

 

「彼氏はいないの? クリスマスイブで寂しいよね」


身の上話を少々すると、同じ北海道出身だということがわかった。通っていた高校など地元トークに花が咲く。


「北海度同士だから安心だよ。いいじゃん、付き合おうよ

 

やっぱり早計すぎやしないか。



 

 

 


「今日クリスマスイブでさ、会う人もいないし、誰かいないかなと思って。ケーキも食べたいなって思って」


「あ! ケーキ食べたい!」

 

「食べようよ! 11時までケーキ屋さんやっているから」

 

さっきと同じように身長と体重を聞かれて、身長を答えると「やっぱり!高いような感じした!」体重を答えると「ちょうどいいじゃん!ばっちりだよ!」と、いちいちオーバー。でも、電話はテンションが高いほうがいいのかも。

 

 

「どんな格好でくる?」

 

「わたし赤い服できます」


「赤、じゃあすぐわかるね。僕は岩下(仮名)です」

 

「わたしはマイです」

 

「マイちゃんね。もしわかんなかったら非通知でいいから電話して。電話番号は……」

 

岩下さんは電話番号を教えて伝えてくれた。

 

「ケーキ食べようね!」と言って電話は終わった。

 

 


サンタの格好で、一緒にケーキを食べれたら最高だ。

岩下さんは、人当たりのいい感じがしたし、地元も同じで話が弾んだ。

 

 

期待大‼️

 

 

待ち合わせ

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231916j:plain

 


池袋西口だとさ、マックあるじゃん。マックの前で11時で」

 

 池袋駅西口のマクドナルド前に5分前に到着。

 

店前にはウーバーイーツの配達員が待機している。私は、そこから少し離れて岩下さんを待った。

 

 

目の前の交差点を見ると、人の群れが駅へと向かっていた。もうすぐクリスマスイブが終わる。

 


「お姉さん、お疲れ様―!」

 


酔っ払った若い男女3人組が交差点の向こうから駆け寄ってきた。

 

お疲れ様ーって、私はバイトでサンタの格好で働かされるタイプのサンタさんではなく、ただテレクラのおじさんに会いたいサンタさんなので申し訳ない。

 

f:id:tsumami_gui:20210117232000j:plain



「これいる?」


ゲームの景品らしきカイロとカップラーメンを差し出された。ケラケラ笑って上機嫌の様子。

 

ありがとう……。私サンタさんなのに、渡せるものないよ。情けないサンタである。

 

 

 

 

 

気づくと待ち合わせ時間になっていた。

 

 

そういえば岩下さんの特徴を聞きそびれた。


あのスウェット姿の無精髭の人かな?

公衆電話を使ってるおじさんがいる、もしやあの人?

 

岩下さん、待ってるよー! 

 

 

 

 

 

 


5分が経過。

雲行きがあやしい。

 

 


教えてくれていた番号に非通知で電話をかけてみたが、繋がらない。

 

 

 


15分が経過。もう一度かけるが、繋がらない。

 

 


来ない。

 

 

来ない。

 

 

 

 


やっぱりだめかぁ。

 

ネカフェへ帰り、白いひげを取る。

 


やっぱりこんな格好じゃ……。このまま誰にも会えないのかもしれない。


これは不愉快なドッキリなのだろうか。自分からやってるくせに疲弊し、気が小さくなっていた。とはいえ、全員が全員そうじゃない、はず。そう思いたい……というのは押し付けだろうか。

 

 


でも嫌だったら、その場を立ち去ることはできる。相手に選ぶ権利はあるから。出会い系とはそういうものだ、と思う。


気持ちが行ったり来たりする中、「こんなことしてすみません」という思いは拭えない。教えてもらった番号にショートメッセージを送る。自分の番号はバレるけど、いいや。

 

 


「岩下さん、驚かせてごめんなさい」

 

 

 


23時半にもう一度テレクラに電話をかけたが、「誰もいない」とスタッフに言われてしまった。テレクラは、24時で営業終了。

 

 


仕方ない。明日のクリスマスに懸けよう。利用者は昼が多いらしいから、昼から電話だ。

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231955j:plain

 

 


ひと仕事を終えた気持ちで、さっき若者にもらったカップラーメンをすすった。とんこつラーメン、おいしいよ。ありがとう……。

 

 

 

着信あり 

 

 

0:30 スマホの電話が鳴った


登録されいない番号。もしや!?

 


「いま近くにいるんだけど、いる?」

 

 

岩下さんだ!

 

 


「え!! いますよ!」

 

「俺まだいるんだよ、待ってたんだよ、ずっと」

 

「うそ! マクドナルド前ですよね?」

 

「ケータイの電池が切れちゃったから。いま充電してやっと繋がったんだよ」

 

 

 

 

 

 


「今から会えない? マックの前にこれる? 5分くらいで」

 

 

 

 

 

 

 



 

 

慌てて白ひげを付け直し、マクドナルド前に到着。

 

ずっと待ってたってどういうことだ? サンタの格好は遠目で確認していたのか?

 

いろいろ疑問はあったが、今度こそ会えますように。

 

 

 

 

もうすぐ近くにいそうな感じだったけど、大丈夫かな。

この格好で会ってもらえるかな。

 

 

 

 

あたりをキョロキョロ見て落ち着かない。

 

背広のおじさんと目があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117233937j:plain

 


「え!? サンタさんじゃん!」



 


「岩下さん!?  そうなの!サンタさんだよ!」

 


「すごい! サンタさんだったんだ! 面白い、嬉しいよ‼️」

 

 

そう、こういう奇跡を待っていたんだ! 


モヤモヤした不安や申し訳なさは、岩下さんの嬉しそうな笑顔で一瞬にして消え去った。出会えてよかった。

 

 




岩下さんは、加山雄三風の紺色のジャケットを着たビジネスマン。清潔感もあるし、イメージ通り優しそうなオーラを纏っていた。なんとなく小汚いおじさんを想像していたので、拍子抜けした。58歳には見えない。

 

岩下さんは、サンタの格好を純粋に喜んでくれているようだった。


「かわいい、もう惚れちゃった」


「サンタの格好したら引かれるかなと思ったんだけど、喜んでくれたみたいでよかったです!」


「今日はクリスマスだもんね。偉いなーっ! この格好ででも着替え持っているんだよね?」


「一応この服の下が普通の服ですよ」


「いやーそれを見てみたいな興奮しちゃうかも(笑)」


スケベジョークを軽快に口にする。これくらいはかわいいものだろう。

 

 

 


今日の食事はカップラーメン1つ。お腹はペコペコであった。

 


「ご馳走するよ!」

 


電話で「ケーキ食べようよ!」と言ってくれていた。どこに連れて行ってくれるんだろうと期待に胸を膨らませた。

 

 

 

 

10分ほど歩いて、連れて言ってくれた先は、やよい軒だった。

 

 

 

クリスマスデート



 


「好きなの選んでいいよ」


岩下さんは、サンタの格好した女を横いても何事もないように、笑顔で店へ案内してくれた。

 

 

 


岩下さんは「ご飯を食べてきてしまった」とお店の人に断って自分の注文しなかった。

 

はたから見れば、クリスマスの日に、サンタの格好をした女にすき焼き定食を奢るためだけに来店した不思議なおじさんだった。

 


カウンター席に着くと、水のグラスで乾杯した。

 

f:id:tsumami_gui:20210117233825j:plain

 

ケーキの話はなんかなくなったっぽい。でも、おごってもらえるのはありがたい。すき焼き定食をいただく。

 

 


岩下さんは、ポジティブな言葉が自然と出るイメージ通り柔和なおじさんだった。「かわいい」「うれしい」と連呼していた。

 

 

聞くと、彼女を探しているらしい。失礼ながら、テレクラ=エロ目的とばかり思っていたので、予想外だった。


「彼氏いないの?立候補してもいい?」

「好き? おじさん好き? 年上すき?」

「俺で大丈夫?」

「嫌いなタイプ?好きなタイプ?」

「付き合っても10個上くらいだよね〜? さすがに28歳上は厳しいよなー」

 

すごく積極的で、脈がありかないかを探ってくる。はやる気持ちを自制させようとする姿は、ちょっぴり切ない。世間的にはスケベおじさんなのかもしれないが、私は想定していたよりも紳士的に映った。

 

 


「結婚はされてないんですか?」


「結婚してたんだけど別れちゃって。15年前。最近はバツイチのほうモテるっていうから、バツのほうがいいかなって別れちゃってさ」


なんとなくそんな気がしていた。結婚してもいても不思議ではない印象だったので。


「俺ね、タネが薄いの。精子が薄くて子供ができない」

 

岩下さんは深く聞くまでもなく、自分のことを打ち明けた。


「子供が欲しいけどできないから奥さんと病院に調べにいったの。試験管みたいなの入れてさ。そしたら精子が普通の人の半分しかないって。精子濃くならないかなって10日出さないようにしてもう一回、やっぱり薄いものは薄い。だから子供できないんだってわかって。奥さんと話して『悪いんだけど、別れてほしい』って」


なんと言葉をかけたらいいか、すぐに言葉は出なかった。


「しょうがないよね。そういう体だから。だから捨てられちゃった、かわいそうな人生なの。癒してくれる?(笑)」

 

元奥さんは、結局子供を産みたいと思えるほどの相手に出会えず、再婚はしなかったらしい。憎しみあって別れたわけではないので、今でも年に数回、一緒にディナーショーに行ったりする仲だという。

 

 


カウンター席で、サンタ姿の女と、訳ありおじさんのトークは繰り広げられていた。
周りの人は、間違いなく聞き耳を立てていただろう。

 

 

 

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231921j:plain

 

そのあと、カラオケに行った。カラオケ店は男女二人組を怪しく思ったのか、受付のすぐ近くの部屋に案内された。

 

スケベジョークは増えたが、何事もなく楽しくカラオケで盛り上がった。岩下さんは最後まで笑顔だったが、ときどき寂しそうな表情を見せていた。

 

始発が出る時間になり、解散。「今度はサンタじゃない格好で会ってね」と最後までアピールを欠かさなかった。

 

 

 

f:id:tsumami_gui:20210117231901j:plain

 

結論


テレクラでサンタの格好しても会える。


そして、わかったことはもう一つ。テレクラは純粋な出会いの場でもあるということ。

 

岩下さんは、マッチングアプリを「サクラばっかり」と嫌っていた。スマホの使い方もおぼつかない様子だった。スマホでの出会いに移行していない世代からすると、テレクラは、マッチングアプリがなかった時代のソレなのだ。

テレクラといえば、怪しくて危ないイメージが先行するが、昔ながらの方法で男女の出会いを求めている人もいるのだ。

 

 

 

 

 


だからこそ、渡せなかった。

この日のために用意した、クリスマスプレゼントが。

 

f:id:tsumami_gui:20210117233556j:plain

 

 

 

風俗のギフトカード。


テレクラで会うとなれば、エロを提供しなくてはならないのではないか。

 

ネットで探し回っても見つからなかったのだが、知り合いの風俗店の人に購入させていただいた。2万5000円。当然、自腹である。

 

「付き合えない?」とガチ恋してもらっている相手に対して、風俗チケットを渡すのはさすがに憚れる。風俗は好きじゃないと言っていたし。

 

ということで、これは誰かに抽選でプレゼントすることにします。

 

 

 

 

追伸



時刻は朝6時。ネカフェに戻ってエレベータを開けると、目の前にサンタクロースの2人に遭遇。こんな偶然あるのか。

 

f:id:tsumami_gui:20210117231850j:plain


若い兄ちゃん二人。どこぞのパーティー帰りかと思いきや、そうではないらしい。

 

2人は美容師で、今日はサンタの姿でヘアカットしようと朝から準備していたらしい。


素敵な心意気だ。ちょうどしばらく髪を切っていなかった。「その美容院、行っていいですか?」と予約を入れた。

 

ちなみに、私がサンタの格好をした理由を話すと「テレクラ? なんですかそれ」と返された。

 

f:id:tsumami_gui:20210117231845j:plain

 

クリスマスの15時。お互いサンタの格好をして、髪を切り、切られていた。


美容師の兄ちゃんは12月からデビューしたての新人君。後日、人に会うと「前髪変じゃない?」と言われてしまうクオリティだった。

 

でも、美容師になった経緯を語ってくれて「お客さんが笑顔になってくれるのが嬉しい」と、髪を切りながらさらっと言った言葉に胸が熱くなった。最後まで、いいクリスマスになった。